検索

> Artists >

武田 忠善

国立音楽大学学長、教授

1975年国立音楽大学卒業、その後フランス国立ルーアン音楽院に留学し巨匠ジャック・ランスロの許で研鑽を積み、同音楽院にて一等賞を得て卒業。1977年パリ・べラン音楽コンクール第一位、78年第47回日本音楽コンクール第一位、続く第35回ジュネーブ国際音楽コンクールでは日本人初の入賞をはたし銅メダルを受賞する等、その才能を大きく開花させて楽壇に躍り出た。他の追随を許さぬ自由で魅力的な独自のスタイルは、たちまち我が国最高峰のソロ・クラリネット奏者として評価され、その地位を不動のものにしている。

古典から現代音楽に至る幅広いレパートリーを持ち、楽器の可能性をも超えた甘美な音楽性とその妙技により多くの人々を魅了し続け、増々脂の乗った演奏で既に円熟の域にまで達しているとその人気も高い。

教育面においても多くの逸材を育てる他、2004年、06年、09年には当時のパリ国立高等音楽院教授ミシェル・アリニョン氏の招きに応じて同音楽院において東洋人クラリネット奏者としてはじめてマスタークラスを行う。また、シンガポール、韓国、台湾、スペインに招聘されるなど、正当なフランス派を伝える事の出来うる数少ない演奏家、教育者として近年海外でも大いに注目されている。2011年には世界最大の音楽コンフェランスとして知られる、シカゴ・ミッドウェスト国際バンド・オーケストラ・クリニックに講師として招かれ、吹奏楽やオーケストラの指導者としても国内外で非常に高い評価を受けている。

2015年度より国立音楽大学学長に就任し、未来の音楽教育界の発展に向け大いに注目・期待されている。

Instruments
Tosca
Discography
クラリネット・リサイタル(1999) ㈱ナミレコード
武田忠善30周年クラリネット・リサイタル(2010) ㈱ナミレコード
武田忠善35周年クラリネット・リサイタル(2015) コジマ録音
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping