検索

NEWS

BUFFET CRAMPON PRESENTS Vol.130

パスカル・モラゲス クラリネット ミニ・リサイタル

現代の巨匠、パスカル・モラゲスによる演奏をお楽しみください。

日時
2018年12月15日(土)
18:00開場/18:30開演

出演
パスカル・モラゲス(クラリネット)
出羽真理(ピアノ)

プログラム
未定

会場
ビュッフェ・クランポン・ジャパン 多目的ホール ”Salle Pavillon d’Or”
〒135-0016 東京都江東区東陽4-8-17 (東京メトロ「東陽町」駅 徒歩3分)
地図:https://goo.gl/maps/6YqxE

入場料
¥2,500 (50席 ※先着順)

チケット予約・お問い合わせ
株式会社 ビュッフェ・クランポン・ジャパン ショールーム
Tel. 03-5632-5728
WEB予約はこちらから

出演者プロフィール

■ パスカル・モラゲス (cl)

6歳からソルフェージュを、8歳からクラリネットを始め、14歳で「パリ国立高等音楽院」に入学が許され U.ドゥレクリューズ、G.ドゥプリュに師事する。16歳でクラリネット科、17歳で室内楽科を各々プルミエ・プリを得て卒業する。
1981年弱冠18歳でパリ管弦楽団のスーパー・ソリストにダニエル・バレンボイムによって任命される。
独奏者として協演した指揮者には、ピエール・ブーレーズ、レナード・バーンスタイン、ダニエル・バレンボイム他多数の指揮者がいる。ソリストとしての活動以外にも室内楽及び教育分野にて活動を行い、各地の音楽祭やマスタークラス等に招かれる。

1990年には生粋の仏人でありながらベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の団員から選出され、すぐに同楽団の独奏者としてパリとロンドンの両公演で演奏する。フィリップスがリリースしたリヒテル21枚組ベストCDの中のベートーヴェン:五重奏曲変ホ長調作品16は、モラゲス木管五重奏団との演奏が選出される。日本へはパリ管弦楽団のソリストとして度々来日しているが、1996年、1998年、2000年にはソロ・リサイタルとして日本公演を、また同時に東京、名古屋、大阪の主要音楽大学でのマスタークラスを実施し好評を博す。

1995年32歳で母校パリ国立高等音楽院の教授に任命される。管楽器王国フランスにおいて、名実共にパリ国立高等音楽院教授、パリ管弦楽団第1ソロ・クラリネット奏者という両方の要職にいるクラリネット奏者である。また、ロンドン王立音楽院、大阪音楽大学の客員教授も務める。
2007年、フランス共和国文化・通信相より芸術文化勲章を授与された。

使用楽器:〈Buffet Crampon〉“Divine”

■ 出羽 真理 (pf)
3歳よりピアノを始める。7歳より片岡みどり女史に師事し、相愛学園「子供のための音楽教室」に入室。1968年全日本学生コンクールに入賞。その後、松浦豊明氏に師事し東京芸術大学に入学、引き続き同氏に師事。
1992年には東京にて初のソロ・リサイタルを行い、その繊細かつダイナミックな演奏で多くの聴衆に感動を与えた。ソロ活動以外に室内楽奏者としての活動も多く、特に管楽器との室内楽演奏会はNHK-FM他内外より高く評価されている。その類い希なる音楽的資質と魅力的なキャラクターにより、共演者より絶大なる信頼を得ている。

Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping
$mailadress = get_field('retailer_email', 29371); error_log(print_r($mailadress, true));