検索

> Artists >

松本 健司

国立音楽大学講師, 洗足学園音楽大学教授, 東京音楽大学兼任准教授, NHK交響楽団首席奏者

東京都立芸術高校、国立音楽大学を経て1993年にパリ国立高等音楽院クラリネット科に入学。1997年に同音楽院を“レオン・ルブラン特別賞”を得て卒業。1998年に同音楽院室内楽科を卒業し、本格的な演奏活動を始める。クラリネットを角田晃、濱中浩一、二宮和子、竹森かほり、ミシェル・アリニョン、ジェローム・ジュリアン=ラフェリエール、アラン・ダミアンの各氏に、室内楽をピエール=ロラン・エマール、ジャン=ギアン・ケラス、ダリア・オヴォラの各氏に師事。

第6回日本木管コンクール、第4回日本クラリネットコンクール、第22回トゥーロン国際音楽コンクール等で上位入賞後、2002年にNHK交響楽団に入団。現在、首席クラリネット奏者を務める。また、トリオ・サンクァンシュ、室内オーケストラ「ARCUS」のメンバーとしても活発な演奏活動をする他、教育分野においては東京音楽大学兼任准教授、洗足学園音楽大学教授、国立音楽大学非常勤講師として後進の指導に力を入れている。

Instruments
Tosca
Discography
田園のコンセール(2009)
幻想小曲集(2010)
アラベスク〜クラリネット小品集〜(2013)
アパッショナート(2016)
エディット・ピアフへのオマージュ(2016)
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping