検索

CSR活動

ビュッフェ・クランポン・グループは、持続可能な木材調達への取り組みを行っています。

ビュッフェ・クランポンの主力製品であるクラリネット、オーボエに使用されるアフリカン・ブラック・ウッド(別名:グレナディラ)は、堅強な素材で加工性に優れており、長年弊社製品に使用されてきました。しかし、その成長には100年もの時間を要するため、持続可能な木材調達が将来的に難しくなることが予想されています。

ビュッフェ・クランポン・グループ(本社:マント・ラ・ヴィル、フランス)は、アフリカン・ブラック・ウッドの生息地の生態系を維持し、持続可能な形で木材資源を次世代に受け継ぐ活動を続けています。2018年より新たな取り組みとして、NGO法人「アフリカン・ブラック・ウッド保護プロジェクト」に賛同し、パートナーとして活動のサポートを開始しました。

■ ビュッフェ・クランポン・グループ 持続可能な木材調達の取り組み

    1. FSC認証林からの木材調達と、植え替えを行う伐採地への納税
      ビュッフェ・クランポンの製品に使用している木材は、大部分がFSC認証林(注1)から購入したもので、一部政府からも購入しています。また、ビュッフェ・クランポンのの木材供給業者は、樹木を伐採する際、伐採地であるモザンビーク、タンザニアに税金を納めており、その税金は植え替えに使われています。
    2. リサイクル木材を利用した素材、“グリーンライン®”の開発と使用
      ビュッフェ・クランポン・グループは1994年、モザンビーク産のアフリカン・ブラック・ウッドを再合成した新素材“グリーンライン®”を開発しました。この材料で作られた製品(クラリネット、オーボエ)は、環境変化によるひび割れに強いだけでなく、アフリカン・ブラック・ウッドの幅広い製品利用と環境を尊重した製品作りを実現しています。
    3. NGO法人 アフリカン・ブラック・ウッド保護プロジェクトに出資(2018年~)
      ビュッフェ・クランポン・グループは2018年、アフリカン・ブラック・ウッドの植樹と植樹教育活動を行っているNGO法人、アフリカン・ブラック・ウッド保護プロジェクト(注2)に出資しました。今後もABCPへのサポートを継続していきます。

(注1)責任ある森林管理を世界に普及させることを目的に設立された非営利団体(FSC Forest Stewardship Council® の略、森林管理協議会)の認証を受けた認証林のこと。
(注2) 正式名称The African Blackwood Conservation Project (ABCP)。アフリカン・ブラック・ウッドの植樹と植樹教育活動を目的に設立されたアメリカのNGO法人。

Retour en Haut
Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping