検索

NEWS

エリック・スぺレール オーボー・リサイタル ~ Virtuose ヴィルトーズ ~

アントワープ交響楽団(ベルギー)の首席奏者を務めるヨーロッパ屈指の奏者、エリック・スぺレール氏によるオーボーリサイタルを開催します。コンサートには、国内の若手スター・プレーヤーの荒木奏美氏、浅原由香氏もゲスト出演し、〈ビュッフェ・クランポン〉のオーボーの魅力を余すところなくお楽しみいただけます。
また、開演前には、〈ビュッフェ・クランポン〉オーボー新機種 ”Virtuose”(ヴィルトーズ)について、開発に協力したスぺレール氏がレクチャーを行います。

日時
2018年1月31日(水)
18:20 ヴィルトーズ・レクチャー、19:00 開演(18:00開場)

会場
HAKUJU HALL
東京都渋谷区富ヶ谷1-37-5(株)白寿生化学研究所本社ビル7F
03-5478-8867
アクセス:https://www.hakujuhall.jp/access/index.html

入場料
全席自由:一般 ¥3,500、学生 ¥2,000(学生証をご持参ください)

出演
エリック・スぺレール(Eric Speller、オーボー)
城 奈央子(ピアノ)
荒木 奏美(オーボー)
浅原 由香(オーボー)

プログラム
G.P.テレマン:無伴奏オーボエのための12の幻想曲より
C. サン=サーンス:オーボエとピアノのためのソナタ Op.166
C.シューマン:3つのロマンス Op.22
L.v.ベートーヴェン:『ドン=ジョバンニ』より「お手をどうぞ」の主題による変奏曲

主催・お問い合わせ
株式会社 ビュッフェ・クランポン・ジャパン
03-5632-5511

チケット取扱い
イープラス http://eplus.jp

エリック・スぺレール
1971年生まれのフランス人オーボー演奏家、エリック・スペレール。1991年にリヨン国立高等音楽院に入学、1994年に審査員満場一致の1等賞および特別賞を受賞しオーボー科を卒業。同年、UFAM国際コンクール(フランス・パリ)オーボー部門第1位に輝く。その後、ジュネーヴ高等音楽院のモーリス・ブルグのクラスで研鑽を積み、最高賞を獲得。1995年にモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団(モナコ)に加わりソロ奏者を務め、1997年からアントワープ交響楽団(ベルギー)のソロ奏者を務める。また、ナティクシス・バンク・ポピュレール財団の受賞者でもあり、1996年のプラハ国際コンクールのオーボー部門でファイナリストとして入賞。1997年には国際オーボエコンクール・東京にて第3位に輝く。

スペレールは現在、ブリュッセル王立音楽院(ベルギー)、エコール・ノルマル音楽院(フランス・パリ)で教授として後進の育成にあたっている。すぐれた教育者として国際的に知られており、世界中から定期的に招かれマスタークラスを開講している。また、世界各国でソリスト、アンサンブル奏者として活躍の場を広げる一方、ヨーロッパを中心に録音活動も精力的におこなっている。

申し分のない音楽性と情熱を兼ね備えたスペレールのレパートリーは、古楽器を使用するバロック時代のものから最新の現代作品まで非常に幅広い。

スペレールは、ビュッフェ・クランポンのアンバサダーであり、新製品Virtuoseの開発者の一人でもある。

城 奈央子
4歳でピアノを14歳で歌を始める。2007年大阪教育大学大学院教育学研究科音楽表現コース修了。2013年リヨン国立高等音楽院ピアノ伴奏科修了。在学中、エラスムス奨学生として1年間独ミュンヘン国立音楽・演劇大学(ヘルムート・ドイチュ氏リート伴奏クラス)に交換留学。ディア/リリ・ブーランジェ国際歌曲コンクール、トゥールーズフランス歌曲コンクールファイナリスト(ヘザー・ニューハウス氏とのデュオ)。

リヨン歌劇場、ニース夏期国際音楽アカデミーにて公式伴奏者を務めるほか、数多くの歌手とのリサイタルを行う。活動内容は伴奏、コレペティトゥア、合唱指揮と多岐にわたる。これまでに日本をはじめ、フランス、ドイツ、スイス、スペイン、イタリアにて伴奏ピアニストとして演奏。2017年より京都フランス音楽アカデミー公式伴奏者。現在、伴奏専門ピアニストまたコレペティトールとして日本を拠点に活動。

荒木 奏美
1993年、茨城県出身。東京藝術大学を首席で卒業し、現在は同大学院2年に在学しながら、東京交響楽団首席オーボエ奏者を務めている。
数々のコンクールで入賞を重ね、第11回国際オーボエコンクール・軽井沢ではアジア勢初の第1位(大賀賞)、併せて軽井沢町長(聴衆)賞を受賞。デビューリサイタルを東京・春・音楽祭2016で行い、オペラシティ主催B→Cシリーズへの出演や音楽祭への参加等、各地でソロ、室内楽に幅広く取り組んでいる。東京交響楽団、東京都交響楽団などとコンツェルトを協演。 巨匠ハインツ・ホリガーに絶賛され、オーボエトリオで共演を果たす。第27回出光音楽賞受賞。
これまでに坂本真紀、成田恵子、和久井仁、小畑善昭、青山聖樹の各氏に師事。

浅原 由香
東京都出身。10歳よりオーボエを始める。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学器楽科卒業。
第10回日本ジュニア管打楽器コンクールオーボエ部門第1位、第18回KOBE国際音楽コンクール木管部門優秀賞及び神戸市長賞、東京国際芸術協会主催 第66回新人演奏会オーディションにて優秀新人賞を受賞。2016年音楽大学卒業生によるヤマハ管楽器新人演奏会に出演。2017年宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金制度奨学生。
これまでにオーボエを真田伊都子、池田昭子、和久井仁、小畑善昭、青山聖樹の各氏に師事。また、ハンスイェルク・シェレンベルガー、フランソワ・ルルー、モーリス・ブルグ他各氏のマスタークラスを受講。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程2年次在籍中。

Your product has been added to the Shopping Cart Go to cart Continue shopping